北広島地名あれこれ⑤『北広島団地って?』(2016.12)


北広島市内の地名の由来を探るシリーズ。第5回目は、北広島団地へ。北広島団地は14の町に分かれています。北広島団地内のトリムコースを歩きながら、北広島団地内の主な町名の由来を紹介していきます。

北広島地名あれこれ④『大曲って?』


北広島市内の地名の由来を探るシリーズ。第4回目は、大曲へ。大曲地区の昔の呼び名はアイヌ語で”ヌプオリオペツ(野の中の川)”でした。では、なぜ大曲に? 「大曲」の由来と、大曲地区の「四里塚(よりづか)」、「百年橋」の由来を探っていきます。

追跡!北広島マンモス大復活プロジェクト! (2016.8)


北広島市では、約4万5000年前に生息していたケナガマンモスゾウとナウマンゾウの化石が発見されています。そのマンモスゾウの実物大型模型造りプロジェクトが、北海道博物館と北広島市教育委員会が企画し、市内の小中学生と地元の大学生が制作に携わってすすめられました。完成した実物大の模型は、制作拠点の北広島市エコミュージアムセンターを出発し、市内の小中学校を巡りながら北海道博物館へ向かいました。9月25日まで北海道博物館で展示されています。

北広島地名あれこれ②『西の里って?』」(2016.6)


北広島市内の地名の由来を探るシリーズ。第2回目は、西の里地区へ。札幌市厚別区と北広島市の境界に流れる野津幌川にかかる「立花橋」、西の里東4丁目の「さつみ公園」、そして国道274号にあるバス停「椴山(とどやま)」の由来について探っていきます。